忍者ブログ
FunFunFun
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




クロスロード



十字路ってことですが


ブルースを演ってる人には深い意味があるのですね。




ある十字路に行くと

悪魔が出て来て

魂と引き換えに

有名なミュージシャンになれる

という。



映画にも、取り扱われてて


そのまま

「クロスロード」

これは、「カラテキッド」で主演した子が主役の映画




昔、中学生の男の子が abe にギターを習いたいっていうので

「クロスロードを観なさい!」

って言ったら

「家族で一緒に観て、みんな感激しました。」

って。



この映画の音楽は 有名ミュージシャン達が担当してて



ちなみに

この映画で最後に出てくるギタリスト(超有名)

この人が最後の部分の両方のギターパートを弾いているのですが


LA の横手のギター工房のお客さん。






あと


ジョージ・クルーニー主演の

「オー・ブラザー!」


この映画にも、ほんの一瞬だけ

クロスロードのことが出てくるのですが



そのギタリスト

この人のセリフが笑わせる!!!!


クロスロードの重みを知ってればですが...


あえて書きません。



そのセリフで気が楽になったので

abe もクロスロードに行けたら

「 魂 」、すぐ売ります!



また、この映画で歌うことになる曲が

いいのですよ!


あえて載せません。





両方とも


観てみてね。



「クロスロード」

を観てから

「オー・ブラザー!」

を観るのがお勧め。


「オー・ブラザー!」のギタリストの言葉がもっと面白くなるから。









PR
コメントを貰って、思い出したこと。


アーロン・ネビルを初めて画像で見た時のギャップ

と同じように




トレーシー・チャップマン

を初めて聴いて

スゴク気に入って

CD も買って...



ずっと

ファルセットで歌う男性ヴォーカルだと思っていたのですね。

アーロン・ネビルみたいに。



CD ジャケットの写真も、これだし。




その頃は Youtube なんてないし。

アーティストの顔なんて

ジャケットに出てなければ解らない時代でした。

ほんのちょっと前までそうだったよねぇ。




でも

トレーシー・チャップマンさんの場合は



ある日、テレビでビデオが流れたのですね。


それを見て









男性だと思ってた。


トレーシー・チャップマンさんには


ほんと


申し訳ありませんでした!





それでは

トレーシー・チャップマンの「クロスロード」











いつものように

幕~があ~き~




じゃない。



いつものように

音楽を聴きながら

Rum を飲んでた abe でしたが



飲みながら聴く

Aaron Neville の曲がスゴク心地いいので

紹介しようと思って、検索してたら

その曲で

こんなビデオが出てました。





それで

考え込んでしまい



東北はどうなってんだよ!

沖縄は!!!



abe だって

「保育園落ちた、日本死ね!」

くらいのこと、書いちゃうぞ!








でも

書かないんです。





気を取り直して

この曲聴きましょう。





アーロン・ネビルとグレッグ・オールマンと

ボニー・レイト姉さん。

夢のような共演。



ボニー・レイト姉さんとキャロル・キング姉さん

abe の尊敬してる姉さん達。



さぁ

また

音楽聴きながら

Rum 飲もう!



ラムだっちゃ!!!











ちょっと仕事があいたので

もう1年以上前に買って、手直ししようと思っていた

ギター

を仕上げることにしました。




これ聞きながら読んでね。







そのギターが

これ




ビデオのギターと同じ形、でしょ。


でも

このギターはビデオのヤツよりボディが小さいモデルなのです。



いちいち、「ビデオのヤツ」って言うのは面倒なので

「ビデオのヤツ」 は 「335」 というモデルで

これは 「339」 というモデルなのですね。



abe は 335 も持っているのですが

小振りなボディの 339 が好きなのです。



それで、買ったのですが

買った価格が¥25,000!!!


このメーカーは 「本物?のメーカー」(ビデオのヤツね)の子会社になったメーカーで

昔はジョン・レノンが使ってて有名なメーカーなのですが

現在は 「本物のメーカー」 に買収されているのですね。

それで、例によって中国で生産されているのですよ。



新品でも、なんと¥35,000位で買えちゃうという

恐るべきギターなのです。



このタイプ(セミアコースティックギターというタイプのギターなのですが)

こんな価格で買えるなんて


信じられない!!!!!!


ことなのです。




でも

肝心な音はどうなのでしょう?




abe が持っている、もう一台の 335 も同じメーカーの中国製で

そっちは¥20,000 位で買えちゃったのですが

はっきり言って




いい音しちゃうんですよね。




あるライブで、その 335 を弾いたのですが

そのライブハウスの音響スタッフが、ステージが終わった後に

「いい音してますねぇ。そのギター。」

って言うので

「新品でも¥35,000 位で買えるギターだよ。」

って言ったら、ビックリしてました。




でも

やっぱり、安いギターなので

実際に弾いてみると、欠点もあります。




まず、ネックの塗装がボディと同じ塗装で

「ベタベタ」して感触が悪いのです。




それで

そんなギターにはいつもするのですが

ネックの塗装を剥がし

すこしシェイプも変えて

abe 好みに






フレットも先端の角の処理がされてなく

感触が悪いので

処理。








フィンガーボードもなんの処理もされてなかったので

専用オイルで処理。






Before After の Before の画像が無いので、解り難いよね。

仕上げてから、ブログに載せることを思い出したもので...

スミマセン。




これをやるだけで

弾いてる時の感触が

「月とスッポン」

位に豹変しちゃうんですよねぇ。






それから

abe はギターのデザインで

ヘッドのデザインを非常に重要視するのですね。



よさそうなギターでも

ヘッドのデザインが気に入らないと興味なくなるくらいに。






abe が持っている 335 と 339 のメーカーのヘッド



このデザインが非常に気に入っていて

「本物のメーカー」のヘッドデザインよりも

断然、好き!





ギターに興味ない人には

ぜんぜん面白くない話でしたね。




まぁ

とりあえず、ブログ更新ということで...



ブログ更新

結構、プレッシャーなんですよね。









まだまだサム~イので

冬眠中です。



久し振りの更新で長くなると思うので

グラスに酒を注いで

この曲を再生して

飲みながら

ゆっくり読んでね

必ず。





ジョン・クリアリーが良いのは当たり前なんだけど

ギターの人に注目!



小錦さん?




でも

その指で

そんな

繊細な

フレーズ

スゴイ!






本文



この街に引っ越してきて、2年目にはいりました。


ある日、気になっていたライブハウスに、娘が行っていて



「バンドの曲演ってるバンドが出てるよ。来ない?」


との電話がありました。




「バンドの曲演ってるバンド。」

解る人には解るでしょうが、ややこしい。



「ザ・バンド」というバンドがあったのですね。

70年代にね。



引っ越してきた時から気になっていたライブハウスだったので

逝く~、逝く~。 行く、行く。」

の二つ返事。



ウェブで調べてたら、上手い人達が出ているライブハウスだったので

行ってみようとはずっと思っていたのです。

ちょうど良いチャンス。



店に入って、娘を探し、合流。

で、バンドを演ってるバンドを観たら



アラ、アラ!!!



ドラム (バンドを演ってるバンドのリーダー) は40年来の知り合い!!!!




ステージの合間に

「オー!!」

「オー!!!」

の応酬。




この日は参加型のライブを演っていて

「ギター弾きなよ。」

「いいよ。」

てなことでステージに立つことに。

当然、ギターは持って行っていないので、他人のを拝借。



以来

「また演るよ~。」

「あいよ~。」

で、my ギター持って行くようになりました。



先日も行って来たのですが

何曲かギター弾いて、席に戻ったら



隣にいた女性が

「とっても素敵なギターですね~。」

(ギター本体のことだろか? プレイのことだろか?)

「御馳走したいので、お好きなものをいっぱい飲んで下さい。」

(一杯だろか? 沢山だろか?)












一杯だった。





ちょっと、話はそれますが

abe のギター

カスタムメイドのギターなのですよ。


このギターは、現在 LA でギターを作っている横手に作らせたギターなんです。




横手というのは

abe が松本でギターを作っていた時に

高卒でギターを作りたいと、福岡から単身でやって来たヤツなんですね。





その当時、abe もいろいろあって

ギター工場の社長から

「abe 君、一緒に住んで面倒みてやってよ。」

「あい。」


てな訳で、一緒に住むことに。





遠い見知らぬ街に、一人でやって来た若者が

心細く、寂しい思いをするかと思ったら


















大間違い!




毎晩、一緒に飲みに連れて行き

abe の友人達も交えての

宴会三昧!!





abe にとっては弟みたいな存在のヤツ。



その後、abe が東京に帰った後

横手が仕事でくすんでいた時

abe が以前誘われていたギター工房があったので



「お前、LA に行け!」

「は~い。」


てな訳で横手は LA に行ってギターを作るようになりましたとさ。




そのギター工房、いいギターを作るんですよ。




そこで現在、横手は中心になってギター、ベースを作っています。



有名なプレーヤーのギター、ベースも作っている工房で

みんなが知ってそうな、だと

イーグルスのジョー・ウォルシュとか

マイケル・ジャクソンのバックバンドのベーシストとか...




abe が現在持ってるのは、4本かな、そこで作ってもらったギター。












だから、ギター好きな人は abe のギター本体に注目することが結構あるんですよね。











そう




それで



なぜ

急にブログ更新になったかというと



今日、オーダーで製作したパッシブプリアンプが完成したので

記念写真(資料として)撮ってたら



そうだ

久し振りにブログに載せよう!!


と思ったのですね。




で、それが

これ

















オーディオに使うプリアンプですね。

お客さんの要望をすべて取り入れたカスタムメイドです。



冬眠中でも仕事はしているのですよ。





abe の仕事場に来たヤツによく言われるのですが

「abe さんって時限爆弾とかも作ってそうだよねぇ。」





作ってません!!!!





次の更新はこの街に桜が咲いたら

スバラシイ桜並木を紹介してみようかな。

一般的に有名な通りもいいけど

もっといい通りもあるんですよ。



気が向いたらだけどね。




レディ・ガガの「イマジン」が話題になってるようですが

まだみてなかった人の為



レディ・ガガのヒット曲は真剣に聴いたことはないのですが

数年前に

トニー・ベネットとデュエットした曲を聴いた時

この人(レディ・ガガ)、歌うまいんだなぁ!

って、思いました。

例えば



トニー・ベネットとレディ・ガガのデュエット曲は他にもあって

みんな、いいのですよ。

Tony Bennett & Lady Gaga

で検索して聴いて下さい。




でも

当時は

「トニー・ベネットってまだ 生きてた 健在だったんだ!」

それに

「まだ、全然歌えるんだ!」

と思いました。

スゴイね!



abe もまだまだ頑張って歌うぞ...!
















雨で家の中に閉じ込められてますが

( 晴れてても閉じこもってますけど )

雨の水滴を撮ってみました。














ウチのベランダの手すりを撮ってみました。

ほんとは木の葉にたまった水滴とかがいいんだけど

近場ですませてみました。


水滴って、綺麗だよね!





雨の写真もいいなぁっと思ったのが、この映像で




大滝詠一さんの曲は結構好きで

カラオケでも歌ったりするのですが



実は、昔、昔、福生の米軍ハウスを彼が録音スタジオとして使っていた時

そのスタジオを工事した業者がお手上げになって

その業者から依頼されて、ノイズの修理に行ったことがあったのです。

当然、修理は完璧に終わったのですが



そしたら、あれもこれも見て欲しいと、大滝さん本人に言われて

困った思い出がありました。



だって、依頼されたのはノイズの修理で

他のことは別件だからね。



修理に行くと良くあることなんです。


なんかの修理に行くと、ついでにこれも見てあれも見て

とか言われるのですが

ついでで出来ることじゃないからね。





昔は音響機材の修理で、有名人に関わったこともよくありました。




シンディ・ローパーが武道館でライブをやった時

ワイヤレスマイクの不良ということで修理に呼ばれました。


シンディ本人が使ってるマイクだから

ウインドスクリーンにシンディの口紅がバッチリついてるんですよ。

思わず、舐めちゃおうって思いましたねぇ。

実行してませんよ!


シンディ、可愛い人ですよね。
大好き。


当時、コンサートの音響機材に携わってた時代です。

スティービー・ワンダー
サイモン&ガーファンクル
マドンナ
とか、とか...

昔、昔の話。



裏方として公演前後に、武道館とか国際フォーラムとか

いろいろなステージに「立った」ことはあるのですが

武道館で音響機材がセットされたステージに立った時はちょっと感動しました。

abe の世代での武道館はビートルズのライブ会場だったから。


abe 自身が主役でステージに立つのが理想なんだけどね。





abe って、結構面白い人生を過ごしてきたのかも。







水滴の話から全く離れちゃったので

話を戻して


「水滴、いいな」

の曲




ほんとはこんな写真を撮りたいなってことを書こうと思ったんだけど

話がそれちゃったね。





















10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/03 abe]
[04/01 真先]
[04/01 abe]
[03/31 真先]
[03/14 abe]
[03/13 タカコ]
[10/20 よっすい]
[10/17 abe]
[10/15 otome]
[09/07 abe]
ブログ内検索
最古記事
(02/07)
AV
(02/08)
(02/09)
(02/10)
(02/12)
(02/15)
(02/15)
(02/17)
(02/18)
(02/19)
(02/23)
(02/23)
(02/26)
(02/28)
(03/02)
最新トラックバック
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]