忍者ブログ
FunFunFun
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

雨の夜の曲で暫くブログネタ困らないね!

なんて思っていたら

もう、梅雨、終わっちゃう!

なんてテレビで言ってた。

あと何曲かあったのに...

期を逃してしまったか...


でも

今日は雨。

台風の影響らしいけど

雨は雨。


それで

この曲。





今夜は何の話にしようか迷ったけど...





梅雨が終わって、夏が来ると

「 ゲリラ豪雨 」

の季節だよね。


「 ゲリラ豪雨 」 なんて昔はなかったよねぇ。

温暖化のせいらしいけど




その 「 ゲリラ豪雨 」 なんだけど

数年前のツーリングの帰り道

峠の手前でニコチン補給をしていると

それまで曇天だった空から ポツポツ と大粒の雨粒が...

「 これは来るね! 」

そう思った abe は急いでレインスーツを着込み

「 来るなら、来い! 」

ってなもんで、再び走り出しました。



走り出してから50mも行かないうちに

来ました!

「 ゲリラ豪雨 」



凄かったですよ!

「 バケツをひっくり返したような 」

とは正にこのことだ!

と思いました。



時は夜。

道は狭い峠道。




それでも、「 ゲリラ豪雨 」 は局地的だと言うから

この山を抜ければ、「 ゲリラ豪雨 」 から抜けられるかも...

と思い、走り続けました。

でも、抜けられない。



オートバイのヘッドライトなんて暗いし

ヘルメットのバイザーに付いた雨滴がレンズになって

前方の風景は歪んで見えるし。

峠道のコーナーの具合が良く見えない。


この道は何度も走っている道だけど

全てのコーナーを記憶している訳ではないし...




そうこうして

暫く走っていると

後方に車のヘッドライトが見えるではありませんか。


「 ラッキー! この車を前に行かせれば楽になるね! 」

そう思った abe はスピードを落とし

車が追いついて来るようにしました。



「 峠道のカーブが多いところでは追い越せないだろう。 」

と思い、暫くその車の前を走り

少し道端が広くなった直線で

abe はオートバイを左に寄せて停車しました。

「 さぁ、前にどうぞ、後につかせてね。」




ところが

その車

abe の後で止まりやがった!!!



暫く様子をみていても

走り出す様子がない。


しょうがないので

再び走り出しました。



そしたら

後の車!

abe の後に付いて走り出すではありませんか!!!



「 おいおい! お前の車、ヘッドライト2つ付いてんだろ!

  ワイパーもあるし! 体も雨に濡れないし! カーステレオで音楽だって聴けるし!

  もしかしたら、助手席には可愛い彼女( または彼氏? )乗せてるかも知れないし!

  ( これは関係ないよね! )

  先に行ってもいいんじゃないの! 」


そう思ったけど、しょうがないよね。

車の運転手もそうとう怖かったんだろうね。


その後、峠道を抜けても

道路は冠水してて、センターラインも見えない状態でした。



そういう場合の鉄則

センターラインがあるあたりを走る。

道路はセンターラインが一番高くなってるから

水深も一番浅いし、左側は側溝があるかもしれないからね。

後の車もちゃんと abe の後を付いて来てました。



今思うと

停車した時に

「 スミマセン。前方がよく見えないので

  前を走ってもらえますか? 」

ってお願いしたら良かったのかなぁ

と考えている abe でした。











 


 






PR
今年の梅雨は雨が少なかったそうな...

でも今夜は雨。

ここに引っ越して来てから植えたチェリーセージも喜んでるだろな。

今年も可愛い花を咲かせてくれました。


さて

前回、雨の時に浮かぶ曲を紹介しましたが

その続き

今夜はこの曲。




雨の夜にはバラードが似合うよね。



こんな曲を聴きながら


会えなくなった

友人









なんかのことを思い出したりするんだよね...














暑いので開けている窓の網戸ごしに

雨音。

abe はこんな静かな夜が

好き!


こんな夜には

この曲が頭の中に流れてきます。






さて

狛江に住んでいた時

迷い犬を何匹か保護したことがあります。


たいていは

飼い主が探しているのを見つけて帰すことが出来たのですが


ある夜のこと

大型犬が道を歩いていました。

犬の他に人は歩いていないし...

迷子に違いない!


早速、追いかけて保護。

デカイ犬でした。

「 マスティフ 」 じゃない かと思う程。


当時 abe が飼っていた犬も そうとう デカかったのですが

そのウチの犬よりもデカかった。


首輪に繋がれていたロープが50cm位のところで擦り切れていたので

多分、外飼いの犬で、ロープが切れて、一人で夜の散歩に出ちゃったんだね。


家に連れ帰って、明るいところでよく調べると

首輪に保健所のナンバー付の鑑札が付いていました。

こんな鑑札、見たことない。


暫く外の様子を見ていても

誰も探している様子はないし

abe の家の近くでこの犬を見かけたこともないし。

もしかしたら、結構遠くから来たのかも。


鑑札が付いているから、警察に連絡したらすぐ飼い主がわかるはず。

そう思って110番しました。



暫くすると近くの交番から警察官が2人、自転車でやってきました。

犬を見せると

「 オ~!!! 」

と叫んで、すぐに無線でどこかへ連絡。

「 パトカーを呼びましたので暫くお待ち下さい。 」

とのこと。

もしかしたら、そのまま連れて行けると思っていたのかもね。

超大型犬とは言わなかったしね。



パトカーが来るまで、しばし2人の警察官と談笑...

なんだけど、知らない人が見たら

「 あの家のオヤジ、警察沙汰起こしたんだ! 」

って絶対に思われたよね。




ようやくパトカーが来て

犬を見せると

「 オ~!!! 」



パトカーのトランクからブルーシートを出して、後席に敷き

( パトカーってそんな物も用意してるんだね。なんの為か想像すると怖いね。)

犬を後席に乗せようとするのですがビクともしません。


警察官、腰が引けてるし、犬の体を押してるので

「 オレがやります。」

と言って、リードを掴み

「 おいで! 」

って言ったら、すぐにおとなしくパトカーに乗りました。

そしたら、警察官4人

「 オ~!!! 」


「 ウチも大型犬飼ってるんで。」

って言ってウチの犬を見せると

「 オ~!!! 」




翌日、気になったので、警察署に電話して事情を話すと

女性に換わって

「 あのワンチャンですね。飼い主に返しました。署内の人気者になってましたよ。」

とのこと。

よかった、よかった。



なぜ、こんな事を思い出したかというと

先日、abe がオートバイで家のすぐ近くまで帰って来た時

歩道に、ゴールデンリトリバーが一人でいるではありませんか。


オートバイを止めて

「 どうしたの? 」

って聞いたら

「 テヘヘ、一人で出て来ちゃった。」

って言うもんだから

「 ここで待ってな! 」

って言って

すぐにオートバイを家に戻し、ウチの犬のリードを持って引き返しました。

そしたら、車の通行量が多い道の方へ行っているではありませんか。

すぐに追いかけて保護。


どうやって飼い主を探そうかと思ったけど

古い住人、ウチのはす向かいの床屋さんに聞けばわかるかもしれない

と思い床屋さんへ


床屋さんのドアを開けようとすると

犬がシッポをブルンブルン振ってます。

ドアを開けてオヤジさんが犬をみるなり

「 ハナちゃん、どうしたの? 」

事情を話すと飼い主を教えてくれました。


「 ハナちゃん 」 は無事飼い主の元へ送り届けました。




後日、飼い主からイチゴとマスカットのお礼が届きました。


イチゴをウチで頂き、マスカットは床屋さんに持って行きました。

















46年前、abe が18歳だった頃のこと


一人で九州まで ツーリング の旅に出ました。



「 ツーリングの旅 」?

おかしいね。

「 フラダンス 」・「 チゲ鍋 」・「 サルサソース 」 みたいな?



abe が中学生の時の英語の授業で

教師に指名された女子が

「uncle Tom 」 を 「アンクルおじさん 」って訳して

みんなに大受けしたのを今も忘れられないんだけど...





話を戻して


この頃、abe は ホンダの CB350 ( 350cc ) と

カワサキの 90SSS ( 90cc ) という2台のオートバイを持っていました。




350cc って今はもうないでしょ。

あの当時のオートバイの排気量は

50 → 90 → 125 → 250 → 350 → 450 → 650 → 750 ( cc )

だったのですよ。



ちなみに

「 ナナハン 」 というと ホンダ の CB750 のことだった。

それ以外のはなかったからね。





話を戻して


「 九州まで 350 じゃ当たり前じゃない、90 で行った方が面白そう!」

若き abe はそう思ったのですね。

だから 90SSS で出かけました。

実はその前の年

大阪万博に友人と二人(2台)で CB350 で行っていたのですね。

それもあったりしてね。




この 90SSS は abe が初めて買ったオートバイで

友人が乗っていたものなのですが、買い換えると言うので譲ってもらったのです。



友人が乗っていた 90SSS を初めて見た時の感動は今でも覚えています。

あのオートバイ特有のメカニカルな感じと

「 これがあれば自由に何処にでも行ける!」

という、まるで背中に羽根が生えたような...感じ?


もう 「 一目惚れ 」 だったなぁ。




でも、その時、abe はまだ免許を持っていませんでした。

でも、買っちゃったんですね。

それから1ヶ月くらいは免許無しのまま 90SSS で高校に通っていました。

横浜の青葉台から吉祥寺まで!


あの頃はまだヘルメット着用は法令で決まっていなくて

「 推奨 」 だったのです。




ある日、母親に

「ヘルメット被ってないと、警官に止められて被るように奨められるらしいんだよね。」

って言ったら

「 まぁ、大変じゃない! 早くヘルメット買いなさい! 」

と言って、ヘルメット代をくれました。

「 早く免許を取りなさい! 」

とは言わなかった。

おもしろい母だよね。





話を戻して



九州への旅

途中、兵庫県の相生、島根県の松江に滞在しながら

いろいろなドラマがあったんだけど

松江から大分の叔父の家に行きました。



一週間くらい泊めてもらったのかなぁ。

その間、国東半島の石仏や、いろいろな所に連れて行ってもらったのですが

「 小鹿田焼( おんだやき )」 の窯元にも連れて行ってもらいました。

それ以来、素朴な 「 小鹿田焼 」 が大好きになって

今も 「 小鹿田焼 」 の茶碗を使っています。






そんなある日、叔父の家で新聞を読んでいると

広島の市民球場で 「 レッドツェッペリン 」 のコンサートがあると書いてありました。



この旅の途中で

北海道から鹿児島の実家に自転車で帰るという人と知り合い

「 是非来て! 」 と誘われていたので、鹿児島に行くつもりだったのですが



レッドツェッペリン!





叔父に

「明日、広島に行きます。」

と告げました。




大分から広島なので、ツェッペリンを見た後は東京に向かうことに...


そんな訳で、1ヶ月に及んだ旅は終わりを迎えることになりました。




松江は母の実家、大分の伯母は母の妹

どちらも滞在後、別れを告げると

「 これ持って行きなさい!」

と、お小遣いをたくさんくれました。

だから、出発した時よりも帰った時のほうが


なんと


現金が増えていた!




なにせ、18歳のオートバイでの一人旅

みんな心配してくれたのか

はたまた、母が裏で手を回していたのか。

どうだったのかなぁ...



でも、いろんなトラブルや、出会いがあって

一生の思い出になったのは

間違いない!













その大分の叔父が亡くなったとの連絡を受けました。

18歳の abe を久しぶりに思い出しました。


































abe は 「木」 を削るのが

「スキ!」

なんです。


だから時々、あまった端材を削ってます。

今回また作ったのは 「孫の手」 。


これは前回作った 「孫の手」 が折れてしまったので

また新たに作りました。


前回の 「孫の手」 はデザイン重視で

ネックの部分を細く作ったので、折れやすかったのです。

今回の奴はすこし太くしました。



それでも、材料が針葉樹なので、強度的には弱いのだけど...

まぁ、木を削るのが目的だからね。


木を削るという感覚が衰えないようにする為なのですね。



ちょっと詳しい話をすると

「木」 って木目によって削る方向があるんですね。

それが節があったりすると方向が複雑になるというか...

だから、時々 「木」 を削って、そういう感覚を 「呼び覚ます」 ってことかな。



出来上がりがこれ



木を削るのが目的なので

電動工具は一切使わず

「のみ」 と 「かんな」 のみ(しゃれではありません。)で削りました。


これね



左側の 「かんな」 は 「反りかんな」 ってやつです。

曲線を削るのに使う 「かんな」 ですね。



ヒマな時に削っていたので

完成までに1ヶ月以上かかった。


電動工具を使ってある程度まで削っちゃえばさっさと出来るのですが

それでは意味がないからね。


「孫の手」 って結構使うんですよね。

老人性乾燥症?






依頼があり

久しぶりに家具作りをしました。



この家に引っ越してきて

スペースが無いので、木工は苦労していたのですが

先日の NX の修理で、駐車場を使ってた時

「木工もここでやればいいんじゃん!」

と気がついたのです。


abe だって少しずつ賢くなるのですよ!



NX の修理の時は、車はすぐそばにある 「タイムパーキング」 に入れて

駐車場全体を使いましたが

今回は小さな家具だったので

車を少し前に出して、車の後のスペースで十分作業出来ました。

「タイムパーキング」 に入れても1日 ¥800 だから

安いね、国立。


NX の修理は5日間かかった。

雨が降って来て作業できなかったり

新しいボルトを買いに走ったりとか

なんだかんだで、結構時間がかかったなぁ。








今回の依頼は、テーブル? 台?

編み機を乗せるということだから、台か。




天板のサイズと高さだけ指定してもらい

図面を引きました。



これは正確な板取りをする為に必要なこと。

これを元に、必要な材料の数と、カットする長さ等を決めます。

使う材料は abe の大好きな 「1x4」 と 「2x4」。

なにせ、安い!

おまけに 「無垢」 の家具になるしね。

(合板を使っていないということね。)




材料別の板取り図面を書いて、プリントアウトして

ホームセンターでカットしてもらいました。



あとは加工して、組み立てるだけ。



今回は 「相欠き継」 と 「ダボ継」 の加工だけだったかな。

あぁ、あと、足の板をアールにカットした。

これは、足が線で床に接すると

ちょっとした床の突起でテーブル (台だったね) がガタガタするんです。

だから、4点支持にする為に必要なのですね。




そして、完成形がこれ



まぁ、いいんじゃないですかねぇ。

天板に柄物のタイルを埋め込んだらスペインの 「マディス」 のテーブルみたいだね。



天板はほとんどサンダーをかけず

SPF の鋸跡とか傷跡とか、残ったままなのですが

最近は 「ダメージ加工」 の家具を好む人も多いので

楽でいいやね。



abe の友人に建築設計をやっている奴がいるのですが

漆喰系の壁を、施主が

「手塗りの感じを残して欲しい。」

という要望があったそうです。

左官屋さんにそう伝えると

「何年もかかって修行して来ただけに、ちょっと複雑。」

と言っていたそう。

わかるなぁ、その気持。





後は室内に持ち込み、足の高さを微調整しておしまい。




ちなみに材料費は約¥1,800

塗料とか、ダボとかネジとかは持っている物を使ったけど

もし塗料を買っていたら、あと¥2,000 位かかるかなぁ。

安いのかなぁ、高いのかなぁ。

どうなんだろ?










ゴールデンウイーク?

観光地はどこも人で一杯だから、キライ。

abe は人混みが

「キライ!」

なんです。



だいたいねぇ。

abe の場合は、ゴールデンウイークどころかゴールデンイヤーですよ。

いや、ゴールデンライフだな。

いつだってヒマなんだから!

いや、ゴールデンどころじゃない、プラチナだよ。

プラチナライフさ。


だから、わざわざこの期間にどっか行くなんて

マッピラ!!!



と思っていたのですが

今朝早く (abe にとっては) 仕事の問い合わせの電話で起こされてしまいました。







外を見ると

スガスガシ~、アサー!




ここで、話は数日戻りますが



abe は、酒を呑みながら地図を眺めてるのが

「スキ!」

なのですね。



ロッキンチェアなどに腰掛け、酒を呑みながら

理想的な釣り場に想いを馳せる釣師のことを

「アームチェア・フィシャーマン」

と呼ぶと開高健が書いてましたが

abe の場合は

「アームチェア・ツアラー」

てなもんでしょうか。







その夜も、いつものように、酒を呑みながら

先日行った、養沢近辺の地図を眺め

めぼしい林道がないか、探していたのです。






ありました。



これは、どんな道なのか

ゴールデンウイークが終わったら行ってみようかねぇ。

なんて思っていたのです。




そしたら

スガスガシ~、アサー!

が来ちゃったんです。



NX は走る気満々で鼻息荒くしてるし

じゃあ、しょうがないね。

行ってみるか!

養沢だったらそんなに混んでないかもしれないしね。 (希望的観測)







行ってみました。







ありましたよ!

ダートな道。









写真は何本かの林道を一まとめにしましたが

結構な距離のダートを走ることが出来ました。

ウチから約30kmのところなので

時々、ダート走行のリハビリに来なくちゃね。





ダートな道もお腹一杯走ったし

次は本当のお腹を蕎麦で満たそうか...

檜原村の蕎麦屋に行こう...

てな訳で、檜原街道に戻り、檜原村へ向かうことに。







その途中

前方に不思議な光景が!













亀を散歩させている人がいたのです。

陸亀だよね。

60cm位の亀でした。

許可をもらって撮影し

許可をもらって触ろうとしたら

頭ひっこめちゃった。

ゴメン、怖かったんだね。



しばし、飼い主のオッチャンと歓談し

十里木から金比羅山を抜けて来たと言ったら

少しあきれた顔をされました。

物好きがいるなぁって思われたみたい。







檜原街道へ戻り

檜原村方面へ向かうと

反対車線 (帰ろうと思ってたルート) が車で一杯!

オーマイゴッド!!

ということは

檜原村=人が一杯=蕎麦はあきらめ & 別ルートで帰宅

を即断。



先日通った、和田峠→高尾ルートへ


途中の、見る度にスゴイな~って思ってた風景を撮ってみたんだけど



この写真、帰って見てみたらあんまりスゴクないなぁ。

実際に見たら、スゴイんですけど...

あ~!

伝わらなくて残念!!






あと、さすがなゴールデンウイーク

この帰宅ルートも、渋滞こそなかったけど

峠道でも車の後ろをついて走るかたちに...

前を空ける為に、山の新緑と常緑のコントラストを撮影したんだけど



これもイマイチ、伝わらないし

また別の車が来ちゃったし。






今日は

「子供の日」

和田峠の手前には

谷に渡した鯉登り



まぁ、これも

前の車との車間距離をあける為に撮った写真だから

なんてことないんだけど...



今回、写真がイマイチだったですねぇ。

カメラを持っていかなかったので、ケイタイで撮ったせい?

イヤイヤ、やっぱ、腕のせいだねぇ、トホホ...

だから、腕をカバーしてくれるカメラが必要なんですよねぇ。





帰宅して

夜は

40年来の友人のライブがあったので

国立のいつものライブハウスへ。



彼には、いつも、ホントに、刺激もらってる。




ライブ終了後、ライブハウスのママさんが

「ギターアンプ、音が出なくなっちゃったのがあるんだけど、見てみて。」

って言うので

チャチャっと見て、チャチャっと直してあげたら

チャチャって、酒が出て来た。

Happy な一日だったなぁ。





さぁ

NX

次は

いよいよ

松本へ

30年ぶりの

友人に

サプライズで

会いに行こうか...




な?






次のページ >>
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/05 タカコ]
[07/05 abe]
[07/04 タカコ]
[07/02 otome]
[07/02 abe]
[07/02 otome]
[06/14 otome]
[06/13 abe]
[06/11 otome]
[06/11 abe]
ブログ内検索
最古記事
(02/07)
AV
(02/08)
(02/09)
(02/10)
(02/12)
(02/15)
(02/15)
(02/17)
(02/18)
(02/19)
(02/23)
(02/23)
(02/26)
(02/28)
(03/02)
最新トラックバック
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]