忍者ブログ
FunFunFun
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



あら、

こんばんわ。


ぼく、最近この家に来た新人。

「はな」です。

前の飼い主が、ぼくのこと飼えなくなったって言って

abe の娘さんが引き取ってくれました。


ここに引き取られた時は

怖くて、怖くて、

abe が来ると逃げ回っていました。


でも、今は少し怖くなくなってきた。

abe はいつも黙ってぼくの糞を片付けてくれるし

たまに、おいしい物くれるんだ。

だから、この人、敵じゃないって思うようになったんだ。




ぼくの名前

今は「はな」って呼ばれてるけど

前の飼い主がつけてくれた名前は

「花子」

だったんだ。


ここに来て、ちゃんと調べてくれたら

ぼくは男の子だってわかってくれた。

それで、「花子」じゃなく「はな」って呼ばれることになりました。



違う名前に変えちゃうと、ぼくが戸惑うかもしれないって思ったらしい。

ぼくはどっちでもいいんだけどね。



最近になって、abe とも一緒に遊べるようになったんだよ。



ぼく得意の

「超高速マウンティング」

abe に初めて披露した時、abe は

「負けた!」

って言ってたよ。



abe に撫ぜられても割と平気になってきたよ。




ぼく、小さいでしょ。

これでも、ちゃんとした大人なんだよ。

ここの家の人、みんな優しいみたいだから

ここでの生活、楽しいかも...。



でも

時々、扉の外で変な気配がするんだよね。

それが、ちょっと心配。










ども。

オレは「クー」

ここの人間以外では、最古参。


オレがここに来たのは、もうだいぶ前さ。

正確に何年なんか、覚えちゃいないよ。

15年以上になるのかなぁ。


オレがここに来たきっかけも覚えちゃいない。

abe が話してるのを聞いたことがあって



それは

多摩川の川原のダンボールの中でオレが鳴いているのを

ここの犬、「ココ」が見つけてくれたらしい。

ダンボールの中にはオレしかいなかったので

多分、他にもオレの兄弟達がいたんだけど

カラスに喰われちゃったんだろう

って、言ってたよ。



オレはまだ眼が開く前だったから

覚えちゃいない。


だから、「ココ」がオレの母親だと思ってたよ。


ここの人間はオレのこと、ちょっと怖がってるんだよ。

abe 以外はね。

オレ、噛んじゃうんだ。

寝てるところをどかされちゃったりする時とか。

そりゃ、気持ち良く寝てるとこ起こされりゃ怒るだろ。


abe が言うにゃ

母親と過ごす時間がなかったから

社会性が身に着いていない

らしい。


abe はオレが寝てても、平気でオレのこと抱きかかえてどかす。

まぁ、オレも abe ならしょうがないかと思っちゃうんだけど。





ここの家には、以前は

犬2匹と、猫3匹がいたんだ。

でも、一匹、一匹といなくなり

猫が2匹だけになった時があったよ。

その時、また新しい犬が来たんだけど

これが

小っこい奴で

そりゃ、子供だったから小っこいんだけど

何年たっても小っこい。

おまけに

ちゃらい!


去年の暮れに、またもう一匹の猫がいなくなったので

この、ちゃらい犬と2匹だけになったよ。


と思っていたら

最近

おかしな状況になってるのさ。


いつも、はいれていた2階の部屋に、はいれなくなった。

いつもドアが閉まっているのさ。


ドアの外から様子を伺うと

何か変な気配がするのさ。



なんか、変なものが居るぞ!












そうなんだよね!




おいら、「マイキー」といいます。

チャオ~!!


おいら、一人じゃ階段登れないから

いつも、抱いてもらって2階に連れてってもらってたんだけど

最近は全然、2階に連れてってもらえないっちゃ。



どゆこと?


最近、abe の手から知らない匂いがすることがあるっちゃ。

それ、何か関係ある???


まぁ

みんな、いつも通り遊んでくれるから

いいか。



そんなことよりさ

おいら

物心着いた時から、ず~と

「クー」と「シュギー」と一緒に暮らしてきたんだけどさ

「シュギー」はどこに行っちゃたの。

まぁ、いいけどさ~。


 

そんでさ

散歩に行った時に

「犬」って動物に会うんだけど

あんま、好きくないっちゃ。

おいらは

「猫」だよねぇ?






注 ( abe )

ウチの「猫」達は「犬」(ココ)に育てられ

「犬」(マイキー)は「猫」達に育てられて

「犬」って思ってるかもしんない「猫」達 に育てられたんだから

マイキー

お前はやっぱ「犬」だろ!

だよね???


 


そうなの?????



PR
ブログを書かなくなって、もうかなりたっちゃったけど

今、外は雨。

家の中で雨音を聴いていると

何か「もの」を書きたくなったり

物思いにふけったり

本を読みたくなったり

するんだよね。


小雨じゃなくて、雨音が聞こえる位の雨ね。

雨音が聞こえない雨だと

外に出て、はじめて

「なんだよ! 雨じゃん!!」

ってなるから、ちょっと違うんだけど。



ブログから遠ざかってたあいだ

abe にもいろいろな事がありました。


古いことから、気が向くままに書いてみますね。





去年の夏

福島のいわゆる「ヒッピー村」でコンサートがありました。

1970年代の後半に開拓した人がいて

現在も暮らしている、人里離れた場所。

そこで、3日間、コンサートを毎年やっているのです。

abe の友人が当初からバンドで参加していると聞き

「行く!」

と二つ返事。


原発事故で汚染された土地だから、気にするんだったら来なくていいよ。

って言われたんだけど...



何をおっしゃいます。

abe は原子爆弾が落ちて

「除染って何?」の土地で生まれ育った人間ですよ。

放射能浴びたら、逆に若返っちゃうかもしんない。



地図で調べたら目的地までの距離はおよそ 300km 。

ツーリングの場合、平均時速は 30km だから

10時間で着くね。

abe は高速道路使わないからね。


友人は当日の昼、12時頃到着予定だというので

余裕を持って、夜の12時に出発。

オートバイにテントやら、酒(必需品)やら積み込んで。


abe のオートバイはカーナビが使えるようになっていて

そのカーナビはパソコンでルートを設定してナビに落とし込めるのです。

設定したルートは海側ではなく、内陸側のルートを選びました。

そっちの方が面白そうだったから。


久し振りの長距離ツーリング、楽しかった~!

到着しても

「もう着いちゃったか、もっと走りたかったなぁ」

てな感じでした。


で、到着したのだけど

計算通り!

10時間で着いちゃったので、午前10時頃。

友人が来るまでまだ時間があるので

受付をやっていた連中と、暇つぶしの歓談でもしようと思ったら

酒は勧められるは、食い物出てくるは。

こちらも、持っていったラムとジンジャエールを取り出し

もう、早速、宴会!!!


友人が到着した時にはラムはからっぽ!


その日から2泊3夜のキャンプ生活。


夕食時、友人がお好み焼を作りたいけど、キャベツ買うのを忘れた!

と大騒ぎ。

車で買いに行くったって、行けないとこなんだから。


そこで、abe

「ちょっと、待ってて。」

と、受付連中のところへ

実は、受付連中と飲んでいる時、キャベツを一玉持って来た人がいたのですね。

連中の所へ行って

「キャベツちょうだい。」

「どうぞ、どうぞ。」


キャベツを持ち帰ったら

もう、ヒーロー扱いですよ


楽しい3日間でした。


友人達と夜中まで酒飲んで

気が向いたら演奏してるバンドを聴きに行ったり。

すぐ下にある川で釣りをしたり。

プチ・ウッドストックってな感じ?


そんな楽しい日々も終わり、帰宅したわけですが

帰宅途中、もう夜になっていて、所沢あたりだったかな

突然、激しいゲリラ豪雨に襲われました。


片側二車線の道路だったのだけど

追い越しされる時は

バケツの水を浴びせられるどころではなく

「たらい」の水を浴びせられるような状態。

道路は冠水状態だったからね。



まだ、カーナビ頼りのルートだったのだけど

abe のカーナビは防水じゃない!

ちらちらと、電源が切れる状態になり

暫くして、とうとう、完全に電源が落ちました。


この道のどこかで左に曲がれば、知ってる道に出るのだけど

どこで曲がればいいのか良くわからない。

豪雨の夜、案内板も良く見えないし。

そんな状態で、不安なまま走っていると

ある交差点の手前で、カーナビが

ちらちらと点灯しはじめ

「次の交差点を左」の画面を表示して、すぐにダウン。


これ、奇跡?


無事に帰宅出来ました。

ホントの話ですよ!

すごいでしょ!



そして

帰宅した翌日、オートバイに乗ろうと思ったら

エンジンがかからない!

abe がその時思ったのは

「お前、良くここまで帰って来たねぇ。」



ウチの子達、頑張ったんだねぇ。



オートバイは

バッテリーをブースターにつないで、セルを回し続けて復活。



カーナビは、帰ってからヒートガン(ドライヤーの超強力な奴)で
水を乾かしたら復活しました。


そのカーナビはルートバージョンが古いものだったので

その後、新しいバージョンのものに買い換えたのですが

いまだに処分できず、引き出しの中で休んでいます。



オートバイは、買い換えたいオートバイもあるにはあるのですが

こいつを手放すことは出来ないなぁ。

abe がオートバイに乗れなくなるまで一緒だね。

お互い年取ってるから、いいコンビかもね。






気が向いたら続きます。

またいつかね。















9月23、24日の連休

23日に友人のバンドが檜原村でのコンサートに出演するという。

檜原村。

地図で林道らしき道を探して、走り回っている所。

そりゃ当然、行くしかないよね。

おまけに、宿泊もできるということだもんね。

つまり、酒が飲めるということですよ!!!




行きました。


檜原村といっても、ものすごく広いので まだ知らないところがいっぱい。

こんな野外コンサートが出来るところがあったんだねぇ。




はなっから泊まるつもりだから

着いたら即、呑み!




とりあえず、明るいうち、酔わないうちに

「  ゲージュツ的写真! 」

に挑戦してみた。






abe はこういう「 名もしらない小さな花 」が好き!

黄色い方のね。



友人のバンドが演奏する時間になると

日も暮れて、いい感じ。

 



野外と暗闇の雰囲気が、バンドと凄くマッチして最高でした。

この後は、呑むのに忙しく、画像無し。


abe 好みのぬる~い風呂にも入れたし

ちゃんとした寝場所も確保できたし

よかった、よかった。



次の日

友人の

「友達んとこに行くけど、一緒に行かない?」

との誘いを断わって


檜原村の

「 走ってみたいなぁ 」

と思ってた林道へ。



真っ暗なトンネルを抜けると 







すごくいい 川。



ここで暫しマッタリとした時間を過ごしました。


でも

少し先に行くと




林道ってこんなのばっか。

なんで通行止め???



この後

別の林道へ行ったんだけど 途中で行き止まり。


U ターンしようと思ったら

下り方向にターンだったので

不覚にも、足がとどかず

オートバイを倒してしまいました。

「あ~ぁ、やっちゃったね!」




オートバイを起こそうとした時。

腰に激痛が!!


「ヤバイ! これ以上無理すると動けなくなる。」


しょうがないので

道を登って来たときに見かけた民家へ助けをもとめに行きました。

でも、何軒か行ってみても、誰もいない。

これ以外の民家はそうとう下のほうにしかなかった!

これは、非常事態ってことで

110番しました!


「事件ですか、事故ですか?」

の応答のあと

「事件でも、事故でもないのですが...」

訳を話して応援を求めると

「近くの駐在所から警察官を行かせます。」 との返事。


暫く待っていると パトカーではなく、普通の軽自動車が登って来ました。


乗ってたオッチャンに話しをすると

「じゃ、手伝ってあげる。」

とのお言葉。



手伝ってもらって、簡単にオートバイを起こして

110番したって話したら

「じゃ、駐在さんに、解決したからって電話する。」

と電話をかけてくれました。

abe が電話を代わってもらうと、駐在さんの奥さんがでて

「夫は出かけてますので、連絡を受けて向かうと思います。」

とのこと。


そりゃ、このまま行く訳にはいかないよねぇ。

助けてくれたオッチャンに訳を話して

「警察が来るまで、待ってます。」

と言うと

「じゃ、それまで一緒に待ってましょう。」

とのこと。


駐在さんが来るまで、いろんな話しを聞かせてくれました。

以前はこの場所には7軒の家があって、人が住んでいたそう。

でも、みんな高齢化して、便利なふもとのほうに引っ越して

(山間の集落ではよく聞く話しだよね。)

今は、このオッチャンしか住んでないんだって。

abe が尋ねた家はみんな空き家で、オッチャンの家はもうちょっと違う所だそう。

たまたま用事を済ませて帰ってきたところだそう。

「ラッキー! だったんですねぇ。」


林道のことも教えてもらいました。

地元の人が利用する道。

その道だと、多摩湖方面に行くショートカットになるとのこと。

それこそ、abe が探してた道ですよ!

でも、分岐が何箇所かあるから注意しなさい。

って言われた。


そんなこんな、いろいろな話し

冬の時期の暮らしとか、大雨の時の土砂崩れとか...

を聞かせてもらってるうちに 駐在さんがやって来ました。


若い警察官で、さわやかな奴。

奥さんは、声から推察するに、すごく可愛い女性、多分。

いい生活してるね、若者よ。


訳を説明して、駐在さんとオッチャンに厚くお礼を述べ

オッチャンが教えてくれた林道に向かいました。


オッチャンから受けた恩は誰かにかえさなきゃぁね!



そして、林道。

写真を撮る余裕はなかった。

シフトチェンジする度に腰に痛みがはしる。

左ステップに体重を掛けても同様。

始めは軽かったんだけど、だんだん激しくなってきた。


もう、絶対!トラブルは起こせないしね。





林道 走ってると、地図には載ってない道。

abe のカーナビは道じゃないところを走ってる。

スマホで確認しようと思ったけど、圏外!


帰ってから確認しても、地図には載ってなかった。



でも、最悪!


最後の最後でゲートが閉まっていて

奥多摩周遊道路(多分)が目の前を走ってるのに

出れない!


しょうがないので、来た道を戻って、この日は帰宅することに。



主要道路(?)に戻ったら

前を走っているのはパトカー。


もう一回、さっきのお礼言おう

と思ったんだけど

信号がほとんど無い道だから、なかなか止まらない。


やっとパトカーが止まったので、運転席側にオートバイを着けると

なんと、違う警察官!


そりゃ、広い檜原村

一人だけで駐在してる訳ないよねぇ。


訳を話して

「お礼、言っといて下さい。」

と頼んでおきました。





帰宅してから確認すると、オッチャンが教えてくれた道は

分岐を間違えたのかもしれない。

どっちなのか迷った分岐があって

行かなかったほうへ行くとまた別のルートがある。

(地図では)



また今度、実際に走って確認してみよう

と思った abe でした。




abe の腰は2日後には普通に動けるようになりました。



オッチャン 、駐在さん

本当にありがとうございました。


腰を鍛えなくっちゃね。







ゴールデンウイークが始まり

出かける予定があったので
前から懸念だったキャブレターをメンテナンスしました。

というのも
暫く乗らないでいてもガソリンが大量ではないけれど、減るのです。

ガソリンコックをオフにしておけば減らないので
キャブレターから蒸発しているのだと思っていました。

早く直しておかないと、もっとひどくなると、ガソリンだけに最悪の場合、発火!
大変なことになるかもしれないもんね。


それで
フロートチャンバーのガスケットが怪しい。
でも、キャブはエンジンを載せ変えた時にオーバーホールしたんだけど...。

そう思っていたのですが、キャブのガスケットセットは一応購入済みだったのです。
でも、なかなか腰があがらず、手をつけていませんでした。

これはいいきっかけなので、この際やってしまいました。

4月28日出発なので、26日に実行!
ホント、ギリギリまでやらない性格。

いよいよ、キャブを取り外そうとすると

フューエルチューブが劣化して硬くなってました。
チューブクリップも効いていない。
チューブのフューエルコックとキャブの接続部分があまくなってる。

あ~、これだったんだね!

しかし
勢いがついてた abe はキャブも取り外し
ガスケットを新品交換し
まだ綺麗だったけど、キャブもクリーニングしました。

でも、フューエルチューブは持っていなかったので
帰ってから交換するとしようね...
と思っていました。

夜になって、一応 Amazon で探してみると
あるんですねぇ。
フューエルチューブ・チューブクリップ付。
おまけに、abe はプライム会員なので
なんと、翌日配達ですよ!

正確に言うと、注文したのは午前0時過ぎだったので
当日配達ですよ!
会費払う価値あったなぁ、とつくづく思いましたねぇ。

メデタシ、メデタシ!
ちゃんと翌日(当日!)に配達され、無事、出発前に交換出来ました。

これで NX には懸念材料無し!

喉に刺さっていた骨が取れたような、いい気分。



そして
出かけたのがここ。



友人の漫画家の怪しい別荘 in 熱海!

ゴールデンウイークスタート!
の日だったので、渋滞を心配していましたが
ほとんどスムーズに到着出来ました。




前回来た時には気が付かなかったのですが

ここに着く直前には

こんな建物も


どちらかと言うと

こっちのほうがよっぽど

怪しい!!


これも宗教関係の建物だと...。


聞けば、この辺りは宗教関係が結構あるとのこと。

ある種のパワースポットなんだとか...。







この日は

「バーベキューパーティやるよ。」

とのお誘いを受け
尻尾を振って駆けつけたのですが


その訳は


いつも、おいしいお酒を用意してくれているのですよ。

彼の担当の編集者が、日本酒ネタを描いている漫画家の担当もしているので

「珍しい酒が入ったんですよぉ!」

と持って来てくれるんだとか。

でも、彼はどちらかと言うと
日本酒党ではなく、ワイン党で

「日本酒はあんまり飲まないんですよねぇ。」

との御発言。


まさか、その担当者さんがこのブログを読むことはないと思いますが...

我々がありがたく頂いておりますので、今後共何卒宜しくお願い致します。


バーベキューの方も豪華で

肉あり、魚介類ありで贅沢、贅沢!
abe は国立で評判のソーセージ類を持参しました。

天候も景色も良く、バルコニーでの宴会はとても楽しいものでした。

バルコニーからの眺望、熱海市街の昼と夜








久し振りにラッキーにも会えたし。





温泉(風呂は温泉ですよ!)にもゆっくり入ったし。

abe は熱い風呂がキライ!なので
みんなが寝静まった後、ぬるま湯に入ってノンビリしたのでした。





翌日
夜は国立のライブハウスで友人のライブがあったので
他の友人達より先に帰宅の途へ。

途中、ライブハウスのママさんから
友人のバンドの出演順が最初になったとのメール。

友人のバンドはいつもラスト出演なので気を効かせてくれたみたい。

でも渋滞もたいしたことは無く、余裕で間に合いました。

Youtube からこのバンドの曲を紹介しておきますね。
(ちょっと長いけど...。)







またメンバー達と「呑み」ですね!

幸せなゴールデンウイークスタートでした。



ゴールデンウイーク後半は何処にも行かない!

絶対、何処も混んでるに違いないもんね。



ゴールデンウイークが終わったら

檜原村に蕎麦を食べに行こうかな
早くゴールデンウイーク終わらないかなぁ



と思っている abe でした...。
















先日、ギターテクで行ったバンドの映像がアップされてたので

見てみてね。

ステージ上手側の2階席から観客が撮った映像だね。

ちょうど、abe と恩田君もチラっと映ってる。

ギタリストの音が出なくなった曲なので

abe がアンプをチェックに行く様子もチラっと見れますよ。






別角度の映像もありました。


ステージ前の一階席からの映像だね。

観客の「ノリ」がわかる映像だね。


まぁ

こちらもアップしときます。




前に観客がいっぱいいるから

音的にはこっちの画像の音の方がバランスがいいかな。

人間で音がミュートされるからね。


ステージサイドにいた abe 達の足元は音圧で地震のように揺れてました。

仮設ステージだからね。


撮影クルーもいたから

(一番目の映像にチラっとクレーンカメラも映ってるでしょ。)

オフィシャルの映像もあると思うんだけど

見てみたいな。



ちなみに

abe が担当したのはステージ左側のベースとギター

ベースがロビー

ギターがデーモン

ロビーはアメリカ人だからノリノリ

デーモンはイギリス人だけど、ハジケル時はハジケル

ステージ右側のギタリストはスコット

スコットはもの静かな紳士てな感じだった。






ちょっと前のちょっとした時間のことなんだけど

なんだか懐かしい。



みんな

元気でやってるかなぁ?








昨日

檜原村で蕎麦を食べようと思い立ち

オートバイで出かけました。


檜原村で目当ての蕎麦屋を確認し

営業中ののぼりが出ていたので

その先の、地図では道がなくなっている所まで行ってから

帰りに蕎麦を食べようと思い、先へ!


先へ行くと、道が3つに分かれていました。

案内の看板があったので、見ると

「 モノレール駅 」 があるとのこと!!


こんな山奥に 「 モノレール駅 」!!!???



abe の頭の中では

山奥に行くと、ドカーンと開発されていて

羽田空港や立川にあるような立派なモノレールがあって...

てな想像をしながら

これは行ってみるしかないね。



暫く進むと、車4~5台分の駐車場があり

そのそばから、山肌に沿ってパイプ状のものが延びていました。

あ~、これ、モノレール!



山奥での農作業で使うモノレール!

わかります?


そりゃ、そうだよね。


そこにも案内板があったので、見てみると

昔、山の上に大きな炭焼小屋があって

それを復元して、一般開放しているらしい。

そこに行くのに、車で行ける道はないので

モノレールを使って人を運んでいるとのこと。



都会でモノレールというと、羽田空港行きのを思い浮かべるけど

逆にこの辺りの人達に

「 羽田空港までモノレールで行けます。」

って言ったら

「 あんなもんで空港まで行くんかい?」

って思うだろか?




モノレール問題が解決したので

まだ先にのびている道の、先へ。

でも暫く進むと、通行止め!

またか。

林道ってたいてい通行止めになってて先へ進めない。


しょうがないので戻ると

ちょうど、モノレールが観光客(2~3人)を乗せて帰ってくるところでした。

下りは後ろ向きに降りてくるんだよ。

乗ってみたいな。

でもこの日はもう最終便が終わってました。

今度、もっと早い時間に来て乗ってみよう!


さぁ、蕎麦食べに行こう。

と道を下っていると

車道から木立の中へ入って行く動物が...

狸かな?

オートバイを止めて見てみると

猿が背中越しに振り返り

「 何?」


「いや、別に 」

って言ったら

「 フン!」

って去って行きました。


さぁ、蕎麦、蕎麦。

蕎麦屋の駐車場にオートバイを止め、店に向かうと

ちょうど店主が出て来て

「 たった今、蕎麦が売り切れたんだよねぇ。」

ガ~~ン!!

営業中ののぼりをしまいに出て来たとのこと。




しかたなく、家に帰ってトーストを食べました。



残念!










先日

ロサンゼルスの友人から

イギリスのロックバンドが日本でライブを演るので

そのステージでの 「ギターテク」 をやってくれないかとの依頼を受けました。


そもそも

始めっから説明すると

そのロスの友人と言うのは

abe が松本でギターを作っている時の後輩で

abe の本当の弟みたいな奴なのです。

今はロスでギターとベースを作っているのですね。



そいつのお客さんのベーシストが参加しているのがイギリスのロックバンド。

わかりにくいでしょ。

イギリスのバンドに、アメリカ人のベーシスト。




イギリスのバンドなんだから、イギリス人のベース雇えばいいじゃん。

って思うんだけど

それはこちらが心配することじゃないからまぁいいとして。



そのベーシストが

日本でライブを演るのでギターテクに

「誰かいい奴がいないか」

って abe の友人(ロスのね)に聞いてきたって訳なんんです。

それで abe に白羽の矢がたっちゃたのです。


それから、メールのやりとりがはじまり

はじめはベーシスト、その後はイギリス人のマネージャー。


二人共に

「 abe はギターの修理とかは出来るけど

 ギターテクなんてやったことないから、なにしていいのか分らないよ。」

とは言っておいたのだけど

ベーシストが abe のロスの友人と話しをして

「お前が最高だ。」

っていうことになって、引き受けました。



ライブの当日

連中が宿泊しているホテル

ホテルオークラ(!!)

へ行きました。


ホテルオークラだよ!!!

ずいぶんいい待遇受けてるなぁ!

昔、ドナルド・フェイゲンと会ったことがあるけど

彼でさえ、新宿のワシントンホテルだったよ!


ま、いいか。


ところで

これはいい機会だと思ったので

ウールジーの恩田君を誘っていたのです。


オークラで恩田君と合流して

バンドメンバーと一緒にライブ会場の

埼玉スーパーアリーナヘ、リムジンで!




スーパーアリーナに着いて、ステージパスをもらって

(当然 「アーティストパス」 ですよ。)

恩田君と

「入り待ちの女の子がいたらナンパしようね。」

って相談してたのに

誰もいなかった。


残念!



このバンド

昔、世界的なヒット曲を出したバンドの流れをくんでるバンドなのですが

年齢層が abe と同年代みたいなもんだから

バンドメンバー、みんなとはすんなり溶け込めました。


面白かったのは

ベーシストだけアメリカ人でしょ。

他のメンバーは英国紳士みたいな感じだけど、ベーシストだけテンションが違うんだよね。

どちらがいいかってのは、どっちもいい奴らなんだけど。

国民性の違いがちょっと垣間見れて面白かった。



そんなこんなで

ステージが終わり

楽屋にかえると、バンドメンバーがみんな abe に感謝してくれました。


ライブ本番でギタリストにちょっとしたトラブル(本当は重大!)があって

すぐに対処してあげられたからかな。



トラブルがあったギタリストと abe をマネージャーに推薦したベーシストは

楽屋で abe にハグしてくれました。

ことの重大さは abe とギタリストしかわかってないと思ってたけど

バンドメンバー全員、気が付いていたのかもしれないな。


でもそのトラブルがあったからこそ、abe も

「仕事」 したな!

って満足感を覚えました。



面白かった!!



もうひとつ。

楽屋サイドにビュッフェスタイルの食堂(ケータリング)が用意されてるんだけど

そのなかに壽司のコーナーがあって

壽司のコーナーだけはその場で板前さんが握ってくれるのですが

ガラスケースの中のネタ (一種類だけしかない) を見ると

これカジキだよね!

って思われる、白身の魚で

ガイジン相手なんだからもっといいネタ用意すればいいのに!

って思いつつ

食べてみたら


旨い!!!


まるでマグロの中トロだよ!


あの魚はなんだったんだろ?

板前さんに聞かなかったのを後悔しています。

なんだったんだろ?






ライブが終わって

会場を出る時に恩田君と

「出待ちの女の子がいたらナンパしようね。」

って相談してたのですが




誰もいなかった。





残念!!
















次のページ >>
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/31 otome]
[05/30 タカコ]
[05/26 otome]
[05/25 タカコ]
[05/25 abe]
[05/24 タカコ]
[05/24 otome]
[05/24 abe]
[05/23 タカコ]
[05/23 タカコ]
ブログ内検索
最古記事
(02/07)
AV
(02/08)
(02/09)
(02/10)
(02/12)
(02/15)
(02/15)
(02/17)
(02/18)
(02/19)
(02/23)
(02/23)
(02/26)
(02/28)
(03/02)
最新トラックバック
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]